成婚は若いほうが有利なのでしょうか?

*

▼無料!Facebook恋活が人気▼
検索

成婚は若いほうが有利なのでしょうか?

03

婚活において、成婚する条件として若いほうが有利なのでしょうか?
成婚率が一番高い結婚相談所、パートナーエージェントの数字で確認してみました。

やはり、婚活においては若いほうが圧倒的に有利で、
成婚までに必要なお見合い人数、交際人数も少なく、成婚までの期間も短い事がわかりました。

逆に言うと、年齢が多くなるほどに、
お会いするお見合い人数が多く必要になり、成婚までの期間が長期化する、という実態が見えてきます。


女性:年代別の成婚データ

  成婚数 交際数 成婚期間
女性〜30歳 182人 3.8人 8.2ヶ月
女性31歳〜35歳 373人 4.4人 10.6ヶ月
女性36歳〜40歳 334人 4.5人 12.1ヶ月
女性41歳〜45歳 101人 5.1人 15.4ヶ月
女性46歳〜 22人 3.3人 14.8ヶ月

女性のボリュームゾーンは、31歳~35歳である、ということが分かります。
36歳になると、成婚までの期間が、いきなり2ヶ月も多く必要とされる点が、重要です。

多くの男性は結婚において、子どもを望んでいて、35歳までの女性を求めることが分かっています。

それゆえ、スペック上1歳年齢を重ねるだけですが、36歳となると途端に需要が減少してしまうことが考えられます。


男性:年代別の成婚データ

  成婚数 交際数 成婚期間
男性〜30歳 94人 3.6人 8.5ヶ月
男性31歳〜35歳 233人 6.0人 11.4ヶ月
男性36歳〜40歳 313人 7.3人 14.4ヶ月
男性41歳〜45歳 246人 6.8人 15.4ヶ月
男性46歳〜50歳 99人 7.4人 16.6ヶ月
男性51歳〜55歳 22人 3.8人 15.3ヶ月
男性56歳〜 11人 3.3人 15.4ヶ月

男性のボリュームゾーンは36歳~40歳です。
この年齢の男性は、自己評価ではまだまだ若いつもりでいますが、女性を獲得するという観点から、ピークに達しています。

できれば30代の年齢の内に、早く婚活をスタートして、女性を獲得すると、
若くて子どもを安全に出産できるパートナーに巡りあう事ができるでしょう。

結婚という人生の一大事を考える際、仕事が忙しいというのは、単なる言い訳にすぎないことがわかります。

仕事は会社のためにはなりますが、結婚は自分の人生のためです。
老後をひとりで惨めに暮らすということがないように、パートナー獲得は前倒しで行動するのがベストです。


まとめ

男女ともに、婚活では年齢が成婚の大きな要因というのは、間違いないようです。
特に男性よりも、女性においては出産リスクを考えた時、男性からの需要という意味で、早すぎるということはありません。

キャリア系の女性は、仕事に熱中し、結婚を仕事上のリスクと考え、遅らせる方がいるようです。
しかし、仕事は待ってくれます。
仕事は何度もやり直しが可能です。

婚活に置ける年齢は、待ってくれません。やり直しが不可能です。
一度過ぎた年齢は、もう二度と元には戻せません。

時間こそが命なので、早め早めに婚活をスタートさせるのが、自分自身のためにも良い結果をもたらすでしょう。
そうでないと、後で苦しむのは、他でもない、自分自身です。

すぐに結婚するかどうかは別として、
まずは結婚相談所に資料請求をしてみて、店舗で生の声を聞いてみてください。

婚活という市場での自分の価値が、どういう立ち位置であるのかが、よく分かります。
よくわかると、残された時間は多くないことに気付かされると思います。

あとで後悔しないためにも、1ヶ月でも若い年齢の内に婚活をスタートされることを、強くオススメします。

繰り返しますが、過ぎた年齢は二度と元に戻せません。
今この瞬間が一番旬な年齢です。

▼成婚率ナンバーワンの結婚相談所を見る▼






成婚は若いほうが有利なのでしょうか? 関連ページ

結婚相談所で一年以内に結婚できますか?
結婚相談所に頼る理由は、早く結婚したいから、ではないでしょうか。 早くというのは、最短1年以内の成婚ということ […]
成婚率の高い結婚相談所に入会したほうが良いですか?
結婚相談所に入会を考えるときに、 成婚率で考えるほうが良いのか、会員数の多さで考えればよいのか、迷うと思います […]
成婚率は相談所のサービス内容が良いことが原因ですか?
結婚相談所で、一番成婚率が高い会社は、 パートナーエージェントで、24%となっています。 では、どのようにして […]